FC2ブログ

蜂と神さま

2011/06/01
s-2011_05_15 104636  128 RIMG1675
camera: GR DIGITALⅢ
1/640s F3.2 ISO64
2011.5.15


ACのCMに使われている詩「こだまでしょうか」で注目を集めた大正時代の詩人、金子みすずさんの詩に
「蜂と神さま」という詩があるのを知りました。



蜂と神さま

蜂はお花のなかに、
お花はお庭のなかに、
お庭は土塀のなかに、
土塀は町のなかに、
町は日本のなかに、
日本は世界のなかに、
世界は神さまのなかに。

そうして、そうして、神さまは、
小ちゃな蜂のなかに。



宇宙です。凄いです。
金子みすずさんは大正末期から昭和初期にかけて、26歳の若さでこの世を去るまでに512編もの詩を綴ったとされています。彼女の26年で幕を閉じた数奇な人生も凄いです。
comment (0) @ 未分類
5月の木漏れ日 | かくれんぼ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール
【送料無料】リコーGXR MOUNT A12 WORLD

リコーGXR MOUNT A12 WORLD
価格:1,995円(税込、送料無料)